SD14(June08)/DP1/DP2でとことんシグマ+フォビオンな1.5年を経てニコンD300S導入。ますますおバカさんに成り果てるかもしれない、すべての印象主義者へ贈る小生意気な記録。HN:ハルムート(^ ∀ ^)


by karuku_against
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:ブツ撮り/ブツ写真 ( 1 ) タグの人気記事

今日の東京は、爽やかな良いお天気・・・

・・・だったと思います・・・(。・д・。)

というのも、今日は期せずして缶詰だったんで・・・
一歩も外に出てないです・・・

・・・SD14さんとのお散歩もならず(TωT)


ま、イイかぁ。



ところで、最近愛読してる本(ムック)があるんですよー




あなたにもできるプロワザ商品撮影 (玄光社)


初心者思いに満ちあふれた親切な良書(≧ω≦)b


うちの大将が商品写真の本を何冊か持っていて、
読んだことあるんだけど
敷居高すぎて、ハルムートにはあんまり楽しめなかったスなぁ・・・


でも、このプロワザ商品撮影は、
「基本のき」からはじまり、
最小限の器材で効果的に撮影するためのレシピ満載なのです〜


目次(抜粋):

基本編
テーブルトップ撮影をしてみよう
正面から正確な形を写す
反射する被写体を撮る
黒いボトルに光を入れる
ボトルの透明感を出す
自然光で撮影する
etc.

実践編
洋服をきれいに見せる
光沢感のあるバッグを撮る
効果的なライティングで時計の魅力を引き出す
料理写真はレフとライトの距離・角度に注意
etc.

コラム:黒締め/衝立てレフ板etc.


SET UPディフューズボックス撮影

ストロボの種類を知る

思わず真似してみたくなるプロのテクニック

Photoshopを使い、商品のイメージを演出する





この本には、

「室内光のみで撮影した場合」
「斜め前からストロボをあてた場合」
「ディフューザーを使った場合」
「右側にレフを置いた場合」



「白いクロスを後ろに置いた場合」
「後ろから白い紙を映し込んだ場合」
「白バックで撮影した場合」

など

各シチュエーションにおける
ライティングや絞りその他の条件を変えたときのバリエーションが
きちんと提示されています



これがとってもおもしろいよー



あれば便利な器材の紹介もあるし
ビールの泡と水滴の表現がどうしてあんなにキレイなのか、
「謎解き」的なテクニックもわかるし
一般的な注意事項も豊富


・・・たとえば、テーブルフォト大好きな私にとって、
すぐに使える知識やテクニックもたっぷり
あったよ(・∀・)


後半はフォトショテクニックも色々紹介されてるよ


えっと
商品撮影とか特に必要ないし、って場合でも

自然光での撮影においても応用できるヒントがいっぱいあるなー、と思いました

メインカテゴリー「光」と「影」
+サブカテゴリーで「色」「反射」という、
写真が記録する要素に対する意識が高まるっていう感じ?

「光を読む」という判断がもっと早くできるようになる可能性あり。




私の中では

ばばっちこと我が心の師匠
馬場信幸氏
のストロボ技本
(最新刊はデジタル一眼レフストロボテクニック工夫とワザ! (Gakken Camera Mook)
)以来
ひさびさのヒットでした〜


それにしても反射ものに黒ケントか・・・
まるでデッサンの世界ですね・・・楽しい・・・


・・で、とても感化されやすいわたし・・・

おもむろに

シグマさんにアオリ機構つきレンズつくってほしくなりました〜

ティルト/シフト、両方!


開発機関中に貯金しとくから!


つくっていただけたら嬉しいな〜
つくっていただきたいな〜
つくってほしい〜
つくってください〜
つくってーーー
つくってーーー
つくってよーーー
てか
つくれーーーーーーーー



だって、
そう思ってる人、少なからずおいでだろうと思うよ?


(^ ∀ ^)
[PR]
by karuku_against | 2009-05-21 21:04 | 情報スクラップと読書感想