SD14(June08)/DP1/DP2でとことんシグマ+フォビオンな1.5年を経てニコンD300S導入。ますますおバカさんに成り果てるかもしれない、すべての印象主義者へ贈る小生意気な記録。HN:ハルムート(^ ∀ ^)


by karuku_against
カレンダー

<   2008年 09月 ( 49 )   > この月の画像一覧

昨日も書きました
フォトキナ2008でSD15とDP2の発表があって以来、
シャキシャキと練習に励んでます(*^o^*)

昨日は内蔵フラッシュのガイドナンバー関係の勘をつかむ練習をしたんですよ〜

室内の静物で練習したので、シャッタースピードはだいたい1/125くらいにしました

今度は屋外で、手持ちスローシンクロとか、
いろいろ練習してみたいなo(〃^▽^〃)o

高感度撮影が苦手なSD14さんの場合
ばばっちこと馬場信幸氏の本なども参考に
人口光を駆使した撮影法をマスターしておくのも一つの手だと思うのね


ばばっちの本は、フラッシュとかの考え方が変わるよね
3年ほど前にうちの彼が買った本が絶版になって
オクであまりに高値(1万8000円とか!)がついたので、あわてて新しいのを出したようですね
デジタル一眼レフストロボテクニック工夫とワザ! (Gakken Camera Mook)
相変わらずモデルさんたちの決め顔と不自然さが
正直とっても痛々しいんだけど
内容はすごいから・・・注文しました・・・


自分で光を調節する楽しさって、これまた別のもののような気がして奥が深そう
来月は外付けストロボもポッチリしちゃうんだろうな〜・・・ぽつり・・・


さて
何度も書いてますが
そろそろSD14さんをサービスに出さなくてはならないのです(>_<)

最初に危機を感じたのはこの記事のとき
その後はこちら


実はそのとき
同時に18-200mm f3.5-6.3DC OSもチェックしてもらおうかな・・・と思っているのです

今だから書くんですけど
使い始めた当初から
「あれ?なんでいつもシャープにならないでどこかもっさりしてるんだろ?」
って感じてたんですが・・・
自分の腕のせいだろうなーと思っていました

ところがMACRO 105mm f2.8 DG EXを使い始めたら、
そっちの方があまりにシャープに撮れる感じ・・・OSついてないのに・・・

最近どんどんその差が気になってきてしまって・・・

「もしや私の18-200mmさんに何か不具合でも・・・?」
というモヤモヤが、心に降り積もってしまったんです (>_<)

今日はあいにくの暗い雨の日でしたが、
このことがとても気になったので
強引に比較テストをしてみました

テストのやりかた:
1.18-200mmの焦点距離を96mmにセットし(105にはならないので)、一番シャープなのを選ぶため何枚も撮影
2. まったく同じ設定で105mmで、これも何枚も撮影
3. 全部生のまま現像し、8-bit tiffで保存してからウェブ用にJPEGにリサイズ


今日は暗くて
ISO200で
18-200だと96mmでf=5.6になるので
シャッタースピード1/40または1/60がせいいっぱい


そういう悪条件の中でやってみたわけですが・・・

18-200mm f5.6, 1/40

b0137311_20304222.jpg
#3467
1/40 f5.6 ISO200
ManualEx SingleAF CenterAreaMetering
96mm (18-200mm F3.5-6.3 DC OS) WBauto


MACRO 105mm f5.6, 1/40

b0137311_20374038.jpg
#3472
1/40 f5.6 ISO200
ManualEx SingleAF CenterAreaMetering
105mm(MACRO 105mm F2.8 EX DG) WBauto


上でピントを合わせた箇所をトリミングで拡大してみると・・・

18-200mm

b0137311_20385962.jpg

MACRO 105mm

b0137311_20394636.jpg


105mmの方が明らかにシャープですよね・・・
しかも明るい・・・
18-200mmにはOSがついていて、105mmにはついていない
1/40というヤバいシャッタースピードである

以上を考慮すると、さらに「あれ!?なんで??」って思うのです・・・

念のため、18-200mmのOSが「オン」になってるのは、何度も確認しました


もうひとつ、今度はシャッタースピードを1/60にあげてみます

18-200mm f5.6, 1/60

b0137311_2041551.jpg
#3515
1/60 f5.6 ISO200
ManualEx SingleAF CenterAreaMetering
96mm (18-200mm F3.5-6.3 DC OS) WBauto


MACRO 105mm f5.6, 1/60

b0137311_2042393.jpg
#3482
1/60 f5.6 ISO200
ManualEx SingleAF CenterAreaMetering
105mm(MACRO 105mm F2.8 EX DG) WBauto



これも、ピントを合わせたところをトリミングで拡大してみます

18-200mm

b0137311_20445696.jpg

MACRO 105mm

b0137311_20453339.jpg


うーん
あまりに暗すぎてわかりにくいですね
オートで現像すればよかったかな

それにしても、露出がこれほど違うのも気になります・・・

これはひょっとすると、それぞれにつけているレンズプロテクトのせいもあるのかも?

18-200mmにはマルミの標準タイプ、105mmにはケンコーの標準よりグレードの高いタイプを装着してます

あ!
あと、18-200mmでは開放絞りになってるから甘いのかな?
・・・でも、いつも感じるんだよな、この「もっさり」・・・

今日はあまりにシャッタースピードが遅かったので
明日天気がよかったらもっと早いシャッタースピードで
しかもプロテクトはずして
さらに18-200も一絞り絞った設定にて

再度テストしてみようと思います

ごくり・・・(`・ω・´)
[PR]
by karuku_against | 2008-09-29 21:09 | SD14〜4000枚(111日目)
わーい  o(〃^▽^〃)o  シグマ山木CEOが動いてる〜 英語はなしてる〜 シブぅ〜 シャツとネクタイのセンス素敵〜

DP2は来年2月発売、SD15は来年4月発売、メディアはSDカードになるということですねっ
で、24-70mmは今年12月! (゜゜ゝラジャですッ!

追記:インタビュアーの人
「TRUE IIってことは、プロセッサが二基になるんですね!」って・・・
・・・何も調べないでインタビューしましたね?
「あ、いえ後継ってことなんです」ってCEO。
普通な返しがジェントルマーン!

[PR]
by karuku_against | 2008-09-28 20:45 | CEO Yamaki萌え〜
SD15の発表があって以来
SD14のよいところも困ったところも、
それぞれ色んな方面から使い倒そうとはりきってます
(*^o^*)

というわけで、その一環として・・・
という言い訳をつけて
三脚だのフラッシュだのストレージ代わりのネットブックなど、
いろんなアクセサリー類をチョコチョコ調べて喜んでたりするのですが<(; ^ ー^)


いわゆる「緑かぶり」など、WBが暴れる問題に対応したいな、と思ったりもします。

基本的にはWBは現像時に調整すればよいので
あまり気にしていないのです

もともと私にとってWBの「正確さ」はそれほど重要ではないし

自分の記憶色というか、表現したい色あいを再現するときに、
撮影時にあまり色かぶりしてない方が作業が楽だなー
、と思うだけなんです

なにしろ、SIGMA PHOTO PROの動作はmacだとものすごく遅くて・・・
(これ、有名なのです)
カラーバランスホイールがスムーズに動かなくてとても困ることがあるのです(>_<)

たとえばISO400でこんなのを撮っていて

b0137311_1931896.jpg
#2825
1/100 f5.6 ISO400
ManualEx SingleAF CenterAreaMetering
96mm (18-200mm F3.5-6.3 DC OS) WBauto


次におもむろに広角にして
ISOを50にしたら緑がかぶってて

b0137311_1945994.jpg
#2826
1/20 f6.3 ISO50
ManualEx SingleAF CenterAreaMetering
18mm (18-200mm F3.5-6.3 DC OS) WBauto


ISO50のまま
さっきの被写体に戻ったら
やっぱり緑かぶりで

b0137311_197783.jpg
#2826
1/20 f6.3 ISO50
ManualEx SingleAF CenterAreaMetering
115mm (18-200mm F3.5-6.3 DC OS) WBauto


・・・っていうのは、結構がっかりしてしまいます・・・


で、夫が以前つくってくれた18%グレーカードなどもあるわけですが・・・


ケンコーのホワイトバランスセッターも気になったりして



あと、海外ものなんですが、このCBL Lensっていうのも気になります
(韓国のメーカーですが動画はドイツ語です)


デジカメウオッチの「PMA 07」の前日レポートの中でレポートがあったのですがリンクが切れてるみたいなので、Googleのキャッシュに入ってたページのテキストをはりつけておきます:

------引用スタート---------
韓国CBLが展示していたのは、手鏡のような形状のホワイトバランスコントロール「CBL Lens」。すでに昨年のphotokinaでも出展されていたものだが、今回は北米向けに製品を紹介していた。
マニュアルホワイトバランス設定用の画像を撮影するときと手順は変わらない

この製品は、手鏡でいえば鏡にあたる円形の部分に溝の掘られた白いパネルが貼り付けられており、これをデジタルカメラで撮影、マニュアルホワイトバランス設定用の画像として使用することで正確なホワイトバランスを実現するというもの。

通常、ホワイトバランスの設定には18%グレースケールが使われることが多いが、CBL Lensでは「24bitのフルカラーバランスを可能にする」(同社)という。フルカラーのゆえんは、単純にグレーをグレーにするだけでなく、各色を正しい色で再現できるのだそうだ。

パネルに彫り込まれた溝がミソで、ここで光を集めて反射させることで各色のデータ(スペクトラム)を撮像素子に投射、グレーだけを補正するのではなく、全体の色のバランスを調整することを可能にしたのだという。

またCBLは、ホワイトバランスの崩れると、マゼンタ、シアン、黄色の3色が色かぶりを起こし、その結果階調や解像感、シャープネスに関しても影響を受けると指摘。CBL Lensを使うことでこれらも解消されるという。
-----------引用おわり----------------




110mmタイプと85mmタイプがあるんですが
dpreview.comの先輩方は「110mmがいいよ」ってことで
調べてみたらamazon.comで130ドルくらい↓
http://www.amazon.com/s?ie=UTF8&search-alias=photo&field-brandtextbin=CBL%20Lens%20Co.

どちらもなかなかの値段ですね?
ケンコーのは装着する手間がかかるので
CBLを推す先輩方がだんだん多くなってきている模様。

んー
きっとまだ買わないけど、買うんだったらCBL Lensかなぁ・・・
ヒジョーに気になるツールではあります・・・
[PR]
by karuku_against | 2008-09-28 19:36 | 情報スクラップと読書感想
SD14が到着して3週間たった、2ヶ月ほど前のこの疑問。
なんで一眼レフは黒いのか?という。
先日パニーのマイクロフォーサーズ機が三色展開になっているのをみて、!Σ( ̄□ ̄;)は!と気づきました
あれじゃー場合によっちゃ被写体にカメラの色が反射してしまわないか????
ちなみにあのマシンは高性能だと思うけど
デザイン的に私は無理・・・

というわけで、自分自身でかつての自分の疑問に答えてみました(・∀・)
[PR]
by karuku_against | 2008-09-27 19:37 | ビギナーの素朴すぎる疑問
SD14さんが到着して私の写真&カメラ人生がスタートしてから三ヶ月が経過

シャッター回数は3000を超えたところです


広尾の路地裏で

b0137311_1620953.jpg
#3044
1/200 f4 ISO50
ManualEx SingleAF CenterAreaMetering
21mm (18-200mm F3.5-6.3 DC OS) WBauto


フォトキナ2008でSD15とDP2が発表されたのは
そんなタイミングでした

SD15はスペックも発表されていないし
開発はまだまだ「これからが本番」という印象ですが
来春には発売されるだろうと考えるのが順当



大賢者maroさんと遭遇した日
こんなもんばかり撮ってました

b0137311_16212381.jpg
#3044
1/200 f4 ISO50
ManualEx SingleAF CenterAreaMetering
63mm (18-200mm F3.5-6.3 DC OS) WBauto



センサーは同じだし地味な開発にみえますが
他社と比べてどうのではなく
SD14に関してみんなが感じている不満点は相当改善され、画質は強化されたものになるのは確実のような気がして

自分の性格からいって、どう考えても、欲しくなるだろうと思う(>_<)

そうならなかったとしても
三ヶ月で3000シャッターは、自分としては相当のんびりペースなのです




広尾の床屋さん

b0137311_16224786.jpg
#3072
1/80 f5 ISO50
ManualEx SingleAF CenterAreaMetering
63mm (18-200mm F3.5-6.3 DC OS) WBauto


「最初はMモードで練習」ということでスタートしましたが、未だにほぼ99%、Mモードです。

Mモード+中央重点測光で撮るのが自分のデフォルトになっていて、結構早く設定できるようになりました

評価測光は、
SD14では測光方式変更が面倒くさいのでほとんど使ってないけれど、
本当はちょくちょく変えて撮りたいです



高輪で
郵便局員さんたちの研修かな?

b0137311_16243144.jpg
#3105
1/160 f4.5 ISO50
ManualEx SingleAF CenterAreaMetering
31mm (18-200mm F3.5-6.3 DC OS) WBauto


そんな感じですが、
そろそろ
絞り優先(Aモード)や
シャッタースピード優先(Sモード)も取り混ぜて
その場その場で最適なモードを選択できるようになる時期かなー

なんて





お寺の・・・狛犬??のようななにか・・・(>_<)

b0137311_16255039.jpg
#3121
1/40 f4.5 ISO50
ManualEx SingleAF CenterAreaMetering
18mm (18-200mm F3.5-6.3 DC OS) WBauto


とりあえず、カメラの取り回しは相当慣れたので
今後は撮影の「すばやさ」を練習したいな、と

発見〜判断〜設定〜撮影

この流れを早くするため、
被写体も
ちょっとでも気を引かれたらすぐ撮る

という練習をしていくことにしました




なごりおしそうな風鈴

b0137311_16304062.jpg
#3156
1/60 f4.5 ISO50
ManualEx SingleAF CenterAreaMetering
35mm (18-200mm F3.5-6.3 DC OS) WBauto



SD14のようにゆったりしたカメラの場合は、
自分自身の俊敏さがかえって大切かもしれない、なんて。
というか
俊敏さをカメラに頼らないだけに、
判断力と腕が磨かれる気がします

SD14さんが一生懸命
記録したりしてるときの時間を
じっくり考えたり一息ついたりする時間に利用すれば、
ちょうどいいのかも・・・




ここはお寺の裏山などにはさまれた
かなり鬱蒼とした路地で、都心にいることを忘れてしまうような場所

b0137311_16331620.jpg
#3194
1/25 f3.5 ISO100
ManualEx SingleAF CenterAreaMetering
18mm (18-200mm F3.5-6.3 DC OS) WBauto



そんなこんなで、一昨々日に川崎で3000シャッターを達成してからは
毎日けっこう数多く撮ってます


えっとそれから

何気に知らんぷりして
入院させずに使い続けてるけど

フリーズはやっぱり起こるし
ほとんどなくなったとはいえ、
シャッターレリーズの「あれ?」な感じも発生したことがあります



風の隙間をぬって
シャッタースピード1/15だったけど
ピントを合わせた奥の方の一部が
「ちゃんと止まり気味」に撮れた(´∀`)

b0137311_16341584.jpg
#3224
1/15 f4 ISO50
ManualEx SingleAF CenterAreaMetering
21mm (18-200mm F3.5-6.3 DC OS) WBauto




SD14さんを検査してもらわなくちゃ(>_<)

maroさんに指摘いただいたキャノンEFの「絞り油」を早くサービスできれいにしてもらって・・・

うぅ

異常に気づいたのは
v1.08アップデート直後だから・・・8月半ば

チェックさせてくださいとサービスに言われてから、もう一ヶ月が経過


いい加減にしなくちゃー(TωT)
[PR]
by karuku_against | 2008-09-27 16:44 | SD14〜4000枚(111日目)

昨日のmaroさん広尾遭遇事件、まだ引っ張ります(・∀・)

一枚、アップし忘れたお写真があったのです

b0137311_21201933.jpg
#3101
f3.5 1/160 ISO50
ManualEx SingleAF CenterAreaMetering
18mm (18-200mm F3.5-6.3 DC OS) WBauto


すごい偶然だよな、と思うのは

◎maroさんは広尾にはしょっちゅういらしてはいるものの、普段はこないあのカフェ方面にたまたま用事でいらした

◎私と姉はほんの2分くらい前までキャノンEFで遊んでいた
(そのまま遊んでいたらおそらく気づいていただけなかった)

◎ちょうど注文したものが来たのでキャノンをしまい、
SD14を取り出しておもむろに数枚とり、そのまま向きを変えて撮った方向にmaroさんがいらして、撮った写真にビシッとカメラ目線で入っていた
(しかもそこに写っている通行人は、maroさんただ一人)

(maroさんはふと横を見たら「誰かこっちを写真撮ってる」と気づき、それがSD14だと瞬時にわかってびっくりされたらしいです)


なんか自分でウケるのが、

3095シャッター目のこれに、トラックと乗用車が写ってますよね?

b0137311_21254926.jpg



で、3098シャッター目では
maroさんの横を、このトラックと乗用車が右折していってるんです

b0137311_21283653.jpg



これをみただけでも
私のアクションがほんの短い時間の間で連続していたことがよくわかる・・・

まさに「この瞬間」ってときに、
ちょうどこちらを見たmaroさんを
マイSD14は捕獲してしまったのですよ〜

しかも「あれ!?」ってお顔をしてらっしゃる、その瞬間のmaroさんです(*^o^*)

だいたいmaroさんも、まっすぐ前をみて歩いていらしたら気づかなかったわけだし

つくづく、笑えるな〜この偶然・・・と・・・

・・・
ちなみにこんなへっぽこ写真でも、奥様がご所望くださったとのうれしいお知らせをいただいたので、さっそくRAWとJPEGをmaroさんにお送りしました。

奥様、データを詳細にみても気に入ってくださるといいな〜〜

(*^o^*)
[PR]
by karuku_against | 2008-09-26 21:31 | maroさん遭遇事件

いやー・・・
世の中、何が起こるかわかりませんね・・・

前フリが長いんですが、この驚きを伝えるために書きたいんで、ちょっとガマンして読んでいただけたらうれしいデス
(;´▽`A``


今日、わたしは姉と二人で午後の広尾をウロウロして過ごしました


姉が私の行っている広尾のオーガニック美容院に興味を持ったので紹介し、
仕事が木曜定休の姉は
今日、予約を入れたのでした

せっかくなのでその後、ランチとかお茶とかしようということになり、
待ち合わせ。

姉もちょっとした仕事の用事があって
私もまぁ、通常なら仕事に戻るはずのところ

あまりに楽しかったので、もう二人とも長居することに決めちゃって

カフェをはしごしたり、雑貨屋さんをのぞいたりしてたのです

で、二軒目のカフェに入りました。

ゆるく分煙してるカフェなんですが
結構煙草の匂いがしたので「どうしようか〜」と迷いつつ

スイーツがとても美味しそうだし、よいお天気だし
道路に面してるテラス席ならいいやね、ってことで着席。

そこで、母から譲り受けたキャノンEFを取り出し
お互いを撮り合ったりして
しばらく遊びました

んで、「SD14でも撮ろうっと〜」と、SD14さんを取り出して

姉のクリームブリュレとハーブティーを
パシャパシャっと・・・

b0137311_19521721.jpg
#3093
f3.5 1/40 ISO50
ManualEx SingleAF CenterAreaMetering
18mm (18-200mm F3.5-6.3 DC OS) WBauto


自分のアッサムティーとクリームブリュレ
(見た目姉のとまったく同じだけど・・・)を
ノーファインダーでパシャパシャっと・・・

b0137311_19562133.jpg
#3095
f3.5 1/40 ISO50
ManualEx SingleAF CenterAreaMetering
18mm (18-200mm F3.5-6.3 DC OS) WBauto



で、
自分の左側のお店の様子を
パシャパシャっと・・・

・・・
ん・・・?

b0137311_1958547.jpg
#3098
f3.5 1/100 ISO50
ManualEx SingleAF CenterAreaMetering
18mm (18-200mm F3.5-6.3 DC OS) WBauto


誰か、こっちを見ています・・・



あれ・・・?なんか・・・???


b0137311_19594248.jpg



メガネをかけて、何度も確認してみる・・・


えー・・・?


b0137311_2012642.jpg


わゎゎ、間違いないよ!!!!


maroさんですよ〜〜〜〜
(ノ゚o゚)ノ オオオオォォォォォォ-



勇気出して駆け寄って声をかけたら


本当にmaroさんでした



街角で思わず
世界的有名人(超限定分野ですが)の
「あの」maroさんを激写

b0137311_2044366.jpg
#3099
f3.5 1/160 ISO50
ManualEx SingleAF CenterAreaMetering
18mm (18-200mm F3.5-6.3 DC OS) WBauto



びっくりしすぎて定まらんですよ、露出とかピントとか色々

b0137311_2054974.jpg
#3100
f3.5 1/160 ISO50
ManualEx SingleAF CenterAreaMetering
18mm (18-200mm F3.5-6.3 DC OS) WBauto


maroさんは、取引先が広尾にあるのでしょっちゅう来てらっしゃるそうですが

私たちがいたカフェのところは離れているので普段は滅多にいらっしゃらないそうです

でも今日はたまたま、
用事でこの方面にあるコンビニに寄った、
その帰り道だったそうで

そこに、カフェのテラスで
SD14に18-200mmくっつけて
パシャパシャわけもなく撮ってる女をみかけて
「これはR-M食いしん坊に間違いない」と確信されたそうで
<(; ^ ー^)

いや〜びっくりしました!

maroさんもコーヒーを一杯おつきあいいただき

ほんの3ヶ月前の私と同じように写真のこともカメラのことも何も知らない姉に、わかりやすくSIGMAのカメラの特徴を説明していただいたりまで・・・

しかも、キャノンEFの「ハイキーでの露出ぶっとび現象」も、ささっと指摘してチェックしてくださり、「絞り油が原因」と特定してくださったのです・・・

銀座のサービスにもっていけば大丈夫、とのこと

・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
そんなことまでしていただいて、
ありがたいこってすーーー

コーヒーを一杯飲んでさっとお仕事に戻られました

すごく短い時間でしたが、お話もとても楽しかったですーーーー

いやはや
自分の中では本当に大事件

姉も、当初は「一回くらいは会ったことのある方なんだろう」と思っていたらしく、途中で「もしかしてこれが本当に初対面?」って気づき、すっごくびっくりしてました〜

私、広尾の割と近くのエリアに住んではいるのですが

美容院に来るときとか、家族が遊びにきたときくらいしか行かなくて
なので一ヶ月に一度とか、本当にたまにしか行かないんですよ・・・

こういうことって、あるんですねぇー

こんな大御所に偶然であってしまうなんて

こんなことが起こるんだから、
SD14さんとウロウロする以上
やっぱり今のでぶちん状態から脱しておかなくちゃと
決意を新たにしましたよ
(これは女性限定ですごくわかっていただける心理かと)

あ〜おもしろかった〜〜〜

o(〃^▽^〃)o

あ!

もしかして、maroさんは
ご自分がSD14の被写体として街角でスナップされたりしちゃうっていうことが
ないのでは???

こんなもんでよろしかったら
もう喜び勇んでお送りしますので
コメントくださいまし〜〜〜

maroさん、今日は本当にありがとうございました


(≧▽≦)
[PR]
by karuku_against | 2008-09-25 20:24 | maroさん遭遇事件

フォトキナ2008でSD15とDP2の開発発表がされた今

以前にもまして、とにかくシャッターの場数を踏もうと決心o(〃^▽^〃)o

少しくらいは、さまざまなシチュエーションでいろいろな設定を使う楽しさを覚えてきたので、難しそうな光状況や、被写体など、とにかく気が向いたら撮りまくろう、と思ってます。

そんな中、昨日は3000シャッター目達成〜

♪q(^-^q)(p^-^)p q(^-^q)(p^-^)p♪

記念すべき3000シャッター目は、しかしながらとってもどーーーでもいー写真でした〜
( ̄▽ ̄;)

とても美味しかったケジャン
猛烈露出アンダー〜♪

b0137311_19132940.jpg
#3000
f5.0 1/25 ISO200
ManualEx SingleAF CenterAreaMetering
63mm (18-200mm F3.5-6.3 DC OS) WBauto


すっごく美味しくてね、このお店・・・

b0137311_19212131.jpg
#3002
f3.5 1/25 ISO200
ManualEx SingleAF CenterAreaMetering
18mm (18-200mm F3.5-6.3 DC OS) WBauto



なかなかアップできるような写真が撮れなかったんだけど


b0137311_19153121.jpg
#2986
f3.5 1/40 ISO100
ManualEx SingleAF CenterAreaMetering
18mm (18-200mm F3.5-6.3 DC OS) WBauto



しゃぼん玉がいた
シャッタースピード遅くてボケボケですが
シャボン玉が撮れてたことがうれしかったです

b0137311_19174375.jpg
#2994
f5.6 1/40 ISO100
ManualEx SingleAF CenterAreaMetering
78mm (18-200mm F3.5-6.3 DC OS) WBauto


さーて
これからも撮りまくりますよ〜


o(〃^▽^〃)o
[PR]
by karuku_against | 2008-09-25 19:18 | SD14〜3000枚(96日目)

SD15とDP2の開発が発表されて、やっぱり一言で、嬉しいデス(*^o^*)

dpreview.comの掲示板では
「最高に間抜けな開発」なんて意見も投稿されてますが・・・
あなたこそ余程のおばかさんですか?

そう心で突っ込んだら
そうした私の気持ちをもっと冷静に言い返してる先輩方もたくさんいるようなので、
いいですけど〜

さて、ビギナーでカメラのこともよくわかんないクセに
人様を「余程のおばかさん」呼ばわりするような私による
暴走注意報ですよ〜o(゜∇゜*o)(o*゜∇゜)o~♪


◎センサーが変わらなかったことについて

これにがっかりしている人がたいへん多いように思います。
ホントは私もちょっぴりそう・・・


しかし、
現行のフォビオンセンサーを積むということにつきまとう課題を十分クリアしてから、
次のセンサーですよ!


特にスピードやバッファ。その他、カメラの基本性能もろもろの強化。

フォビオン社も小さな会社ですから、ベイヤーと同じペースで開発するのは無理みたいですし。

その分、画像処理エンジンの強化でどこまで課題がクリアされるのかが注目されます。

DP1と同じTRUEが積まれるだけでもSDユーザーとしてはうれしいのに、
TRUEIIはさらに画質向上を目指したものいうことなので、すごく期待してしまいますよ〜

画素の数を増やすのではなく
一つ一つが結果としてアウトプットする画の精度と質を、まずは究極まで高める。

これこれ!

補間前提の画素なら、ギューギュー詰めに数並べて精度高める以外ないでしょうけど・・

あ、すみません、失言かも?(●´ω`●)ゞ
ベイヤー否定派では決してないのですよ〜
逆に一台欲しいと思ってます(*^o^*)
この間D700さわって店内でいろいろ"激写"してみたら
とっても楽しくて、お持ち帰りしたい気分になりました〜♪


◎思うに、SD15とは・・・

現行センサーを使ったタイプの最終形なのだろうと想像するのです。

DP2は何となく年内には発売されそうな気がしますが、SD15は来春なのかな・・・と思ったり。

ユーザーの声を反映することで有名なシグマだから、
遅いだとかバッファがとか電池切れとか
そういうことも含めてかなり改善を盛り込んでくれるのではないか、
そんでもって、ホントはまだ隠し玉がちょっとはあるんじゃないか、
DP1のときみたいにちょっと壁にぶつかってて発表できる状態じゃないんじゃないか、
でも発売までには・・・
などと期待してます(´∀`)


◎そしてセンサーサイズの大型化・・・?

昨日からこの妄想なんです・・・わたし・・・

ここでよく引き合いに出す、イギリスのAmateur Photographer Magagineの付録
「The Informer」3月号での山木社長のインタビューですが、この記事で、「ガセっぽい」と書きました。

ところが蓋をあけてみたら、

「今年の9月にドイツで開催されるフォトキナで一眼レフの新機種を発表する予定だと打ち明けた。
SD15は同じフォビオンセンサーを搭載し、ピクセル数も同じであるものの、DP1の開発で得た技術的な進化を一部反映するものになる。」


この部分はまったくその通りでしたよね!

ということは、

「フルサイズについては近い将来にはなし。ただしすでに着手した。」

も、もしかして、これも本当!??

と思うのが人情ではありませんか〜

しかしながら、今回、

たとえフォビオン社による開発が単に間に合わなかっただけだとしても、

SD15の地味ながらも堅実な「地固め的開発ぶり」をみれば、
フルサイズのプロタイプが将来的に登場する布石とみることも
無理ではなかろう・・・?という気がするのです

今回、ふたたびフルサイズ対応の20-70mmを発表してきましたよね?

あれって、単に他社のフルサイズ動向に合わせた「だけ」の動きではなくて

自社製フルサイズ機の発売までに
このまま怒濤のいきおいでフルサイズ対応レンズを充実させておこう、
という戦略では?


なーんて〜(^ω^)

◎私のお小遣い帳的には・・・

来春までにSD14さんで5万シャッターくらい経験積んで
SD15を買っても無駄ではない自分に成長しておきたいな〜

えっと、それで、
目をそっと閉じてみると・・
DP2発売と同時にDP1の中古市場を猛然とチェックする
自分の姿が浮かんできます・・・

さらに、DP2が発売されたら、もしかしたらそれも・・・

この二つを持ってたら、
SD14さんは105mmMACROつけっぱなしでほとんど対応できちゃいそうなんだもん
最近このレンズが超お気に入りでして・・・

DP1とDP2を持っていれば、
今回発表された24-70mmは微妙に買わない選択もあるかな、と思いまして。
んーでもHSMつきだし、このレンズ、やっぱりスゴそうだから、使ってみたいな〜〜
うーーーん
うーーーん

!Σ( ̄□ ̄)は!今から悩むことはなかったスね・・・


それにしても、もっと稼ごう!
節約して貯めるより、余分に稼ぐことを考える方を選ぶタイプなんで・・・(;´▽`A``

でも、写真撮るようになってから、結果としてずいぶん節約になってるんですよ・・・
他のお金使う行動をしなくなったから(笑)

カメラにかけるお金は、それと比べると、ゼンゼン下回ってると思う・・・


おやすみ中も、フォトキナ情報チェックの合間に猛然とお仕事してたので、今日は外でのお仕事行くついでにちょっとゆっくり写真散歩したいな〜
もしチャンスがあったらポートレートも撮ってみたいな〜

♪q(^-^q)(p^-^)p q(^-^q)(p^-^)p♪
[PR]
by karuku_against | 2008-09-24 08:35 | 情報スクラップと読書感想
やっほ〜い

シグマがSD15とDP2を公式発表しました〜

こちら→http://www.sigma-photo.co.jp/index.htm


SD15公式発表のウィンドウ画面のキャプチャー

b0137311_15411425.jpg

クリックすると大きくなります


以下、リリースから転載です


SD15
1,400万画素 (2,652×1,768×3層)
レンズ交換式デジタル一眼レフカメラ「SD15」開発発表

2008.9.23


株式会社シグマ (社長 : 山木 和人) は、レンズ交換式デジタル一眼レフカメラ「SIGMA SD15」の開発発表を致します。
RGB全色を3つの層で取り込むことができる「FOVEON X3 (R) ダイレクトイメージセンサー」を搭載した、高画質デジタル一眼レフカメラSDシリーズの最新機種です。
開発中の「SD15」は、1,400万画素のダイレクトイメージセンサーから出力された信号を新開発画像処理エンジン「TRUE II」で処理し、圧倒的な解像感と豊かな階調表現による自然で立体感のある描写を実現します。大型3型液晶モニタの搭載や処理速度の向上等、高画素と使いやすさの両立を図りました。

この製品は、2008年9月23日よりドイツ連邦共和国 ケルンメッセ会場にて開催されているPhotokina 2008において、参考出品しております。

開発背景

弊社は、2002年10月にデジタル一眼レフカメラ「SD9」を発売して以来、「SD10」、「SD14」とデジタル一眼レフカメラを3機種開発してまいりました。そして2008年3月にデジタル一眼レフカメラで使用される大型イメージセンサーを搭載したコンパクトデジタルカメラ「DP1」を発売し、撮影を楽しむ写真愛好家やプロの写真家等、幅広い層に高い支持をいただきました。一方で、この「DP1」に搭載された画像処理エンジン「TRUE」を採用したデジタル一眼レフカメラを望む声も高まってきました。現在開発中の「SD15」は、この「TRUE」をさらに進化させた「TRUE II」を開発し、ダイレクトイメージセンサーを搭載した高画質デジタル一眼レフカメラという基本路線は踏襲しつつ、更なる画質の改善を施したほか、処理速度や利便性の向上、信頼性の向上を目指して開発を行っている最新型デジタル一眼レフカメラです。



DP2公式発表のウィンドウ画面のキャプチャー1

b0137311_15415983.jpg


DP2公式発表のウィンドウ画面のキャプチャー2

b0137311_15424348.jpg

クリックすると大きくなります




デジタル一眼レフの要素をコンパクトなボディに収めた1,400 万画素
高画質デジタルカメラ DP2 開発発表

2008.9.23



株式会社シグマ(社長:山木和人)は、デジタル一眼レフカメラ「SD14」に採用されている1,400万画素 (2,652×1,768×3 層) FOVEON X3 (R) ダイレクトイメージセンサーを搭載した高画質コンパクトデジタルカメラ「DP2」の開発発表をいたします。

2008年3月に「一眼レフカメラと同じ性能をもつ、コンパクトなまったく新しいデジタルカメラ」をコンセプトに「SD14」と同等のダイレクトイメージセンサーを搭載した「DP1」を発売しました。

発売以来、撮影を楽しむ写真愛好家やプロの写真家等、幅広い層に高い支持をいただきました。現在開発中の「DP2」は、24.2mm F2.8 レンズ (35mm 版カメラ換算 41mm 相当の画角)を搭載し、新たな撮影領域を拡げるとともに「DP1」で追求したコンセプトを継承した上で、さらなる高画質化や、操作性や利便性の向上を目指したものです。

この製品は、2008年9月23日よりドイツ連邦共和国 ケルンメッセ会場にて開催されているPhotokina 2008において、参考出品しております。

DP2仕様表のウィンドウ画面のキャプチャー

b0137311_18212555.jpg

クリックすると大きくなります


DP2の主な特徴

一眼レフサイズの大型イメージセンサー搭載

デジタル一眼レフに採用されている20.7mm×13.8mmの大型センサーを搭載。一般的なコンパクトデジタルカメラに搭載されている1/1.8型~1/2.5型センサーの約7倍~12倍の面積を誇ります。1画素の大きさは、7.8μm。1画素に取り込める光の量が多い大きなフォトダイオードにより、解像感の高い、豊富な階調表現が可能です。

フルカラーイメージセンサー

DP2には、デジタル一眼レフカメラSD14及び、DP1に採用されている1,400万画素(2,652×1,768×3層)ダイレクトイメージセンサーが搭載されています。このセンサーは、RGB全色を3層で取り込むことができる画期的なフルカラーイメージセンサーで、シリコンの異なる深さに配置されている3つの層が、センサー表面に近い方から順に青(B)、緑(G)、赤(R)の光を取り込み、画像を生成します。原理的に偽色が発生しない為、ローパスフィルターを必要とせず、光と色の情報を余すことなく取り込むことができるので、立体的で臨場感のある画像が得られます。

画像処理エンジン「TRUE II」搭載

3層構造のダイレクトイメージセンサーに初めて対応した画像処理エンジン「TRUE(Three-layer Responsive Ultimate Engine) 」を更に進化させた「TRUE II」エンジンを搭載しました。「TRUE II」にはSDシリーズやDP1の開発を通して蓄積してきた独自の画像処理アルゴリズムを盛り込み、画質への妥協を一切許さないシステムの開発に成功しました。

24.2mm F2.8レンズ搭載

センサーの能力を最大限に引き出すために開発された24.2mm F2.8レンズ(35mm判カメラ換算41mm相当の画角)を搭載。グラスモールド非球面レンズを2枚採用し、高画質を実現しました。スーパーマルチレイヤーコートを採用し、フレア・ゴーストの発生を軽減。被写体の情報を画面の隅々まで余すことなくセンサーに伝えます。大型イメージセンサーを採用していることにより、被写界深度が浅く、近距離や開放絞りでの撮影において、一眼レフカメラのような自然なボケ味を楽しむことができます。

RAWデータ記録方式採用

DP2は、ダイレクトイメージセンサーで捉えた光の情報をそのまま記録する、RAWデータ記録方式と撮影したデータの利便性を向上させるJPEG を採用しています。RAW データは、データが劣化しないロスレス圧縮方式を採用し、コンパクトなファイルサイズを実現しました。DP2は、輝度情報と色情報を1:1の形式で取り込んでいるため、RAWデータには、補間に頼らずに輝度情報と色情報が1:1で記録されています。このRAWデータをSIGMA Photo Proで現像処理をする事により、他にはない自然なバランスを持った画像を手に入れる事が可能です。

RAW現像ソフトウェア SIGMA Photo Pro(付属)

SIGMA Photo Pro は、センサーが捉えた全ての情報を記録したRAWデータを素早く簡単に現像できるソフトウェアです。撮影時の設定で現像するX3Fモード、撮影した画像をソフトウェアが分析して最適に調整するオートモード、撮影者の意図を画像に反映できるカスタムモードの3つのモードから選択でき、撮影した画像を見ながらスライダーを左右に動かすだけの簡単操作で、思いのままの写真表現が可能です。

携帯性に優れたコンパクトボディ

幅113.3mm×高さ59.5mm×奥行54.6mmのコンパクト化を実現。便利な両吊りストラップを採用し、撮影の機動性を高めました。携帯性に優れたボディは、撮影の楽しみを拡げます。

3つの測光方式や4つの撮影モード

評価測光、中央部重点平均測光、スポット測光の3つの測光モードを搭載。撮影モードは、プログラムAE、シャッター速度優先AE、絞り優先AE、マニュアル露出の4つから選択ができ、光の状況に柔軟に対応しつつ、撮影者の経験と感性を駆使した表現が可能です。また、露出補正は+3.0~-3.0EV(1/3EVステップ)、オートブラケットも可能です。

手動ポップアップ式小型フラッシュ内蔵

手動ポップアップ式小型フラッシュを内蔵。撮影意図に合わせてフラッシュ撮影が可能です。通常撮影モードのほか、赤眼緩和モードやスローシンクロモードの設定、1/3EVステップの調光補正も可能です。

マニュアルでのピント合わせが可能

オートフォーカスが苦手な被写体やフォーカスロックが行えない場合にマニュアルフォーカス撮影が可能です。ピント調整時に選択したフォーカスフレームの範囲を拡大表示することもでき、マニュアルフォーカスが容易に行えます。

大型2.5型 TFT液晶モニタ搭載

2.5 型の大型TFT 液晶モニタを搭載。表示視野率100%を実現し、構図の確認が容易に行えます。

ホットシュー標準装備

カメラ上部にホットシューを装備しました。別売りの専用フラッシュEF-140 DGやSDシリーズ用フラッシュEF-500 DG、EF-530 DGの他、高性能専用ビューファインダーVF-21の装着が可能です。
※EF-500 DG、EF-530 DGは、マニュアル発光での使用となります。
※ビューファインダーVF-21は別売りです。

専用レンズフード(HA-21)の装着が可能

撮影画像に影響を与える有害光を効果的にカットする専用フードの装着が可能です。フードアダプターにクローズアップレンズAML-1をはじめとする46mmサイズのフィルターを装着することにより、撮影範囲が拡がります。
※フードアダプターHA-21は別売りです。
リリースからの転載おわり



実はこの記事に貼付けるのに一生懸命で、自分が読むのはこれから(;´▽`A``

どうなったんだろー
読もうーーーー

o(〃^▽^〃)o

・・・

あれ、基本的には画像処理エンジンがTRUEIIになっただけ・・・てことかにゃ・・・??
他の細かい性能がどのくらいアップするのかがキモか・・・
仕様も未知だし・・・

DP1ユーザーは、TRUEIIになって焦点距離が変わったということ・・・とすると、交換レンズの代わりに今後出るかもしれない望遠系焦点距離のDP3も合わせて三台くらい持つっていう展開になるのかな・・・
それもすごく楽しいと思うけど・・・
先輩方のコメントや見解を待とう・・・




これは即買いしたいくらい欲しい!
b0137311_1611144.jpg

クリックすると大きくなります

[PR]
by karuku_against | 2008-09-23 15:47 | 情報スクラップと読書感想